十勝毎日新聞電子版
Chaiでじ

2024年6月号

特集/酒場をめぐる冒険

ときめきのプリン&愛しのシュークリーム(7)「定番シュークリーム&個性派シュークリーム~欧風ケーキ工房かねもり、パティスリーウエダ、道の駅忠類」

〈キャリット・パリット・シュークリーム〉300円

パリッとした食感のトリコに【個性派】
欧風ケーキ工房かねもり
 マダガスカル産バニラビーンズを加えたカスタードと生クリームを合わせた濃厚な味わい。シューの土台を飴(あめ)でコーティングし、さらにパリッと焼き上げたパイ生地を敷いて食感にアクセントを加えている。金・土・日曜の週末限定販売なので、お見逃しなく。

オーナーパティシエの森詳弘さん「まとまった注文をいただければ平日もお作りします」


本別町北3丁目7-6
Tel:0156・22・3749
営:9時~19時(日曜~18時)
休:不定




〈シューアラクレーム〉180円


2層のクリームが生み出すおいしさ【定番派】
パティスリーウエダ
 広尾町で120年以上続く老舗の菓子店。ポイントは町内の牧場から届く新鮮な牛乳で作った口溶けの良い生クリームと、バニラビーンズ入りのカスタードクリーム。その2層のクリームが絶妙なハーモニーを生み出し、軟らかなシュー生地とマッチする。

シェフパティシエの上田敬一さん「お客さまに笑顔になってもらえるようなお菓子を作っています」


広尾町丸山通北1丁目12-2
Tel:01558・2・3277
営:9時~19時
休:日・月曜




〈純白ゆり根シュークリーム〉190円


忠類の特産をぜいたくに使用【個性派】
道の駅忠類
 高級料亭などの食材にも使われている忠類名産のゆり根。裏ごしして、ホイップクリームにたっぷりと練り込んだ。真っ白で口当たりが良く、ほのかな甘みを感じるフワフワのクリームが特徴。サクサクしたシュー生地と相性抜群で、何個でも食べられそう。

道の駅店長の菅原政成さん「大福、ようかん、ぜんざいなど、ほかのゆり根スイーツもぜひ!」


幕別町忠類白銀町384-12  
Tel:01558・8・3236
営:9時~18時(4~11月)、9時~17時(12~3月)
休:年末年始(12月31日~1月3日)
※11月に機械メンテナンスのため休館あり(2日間の予定)


※フリーマガジン「Chai」2024年4月号より。
※撮影/長尾悦郎。写真の無断転用は禁じます。