十勝毎日新聞電子版
Chaiでじ

2024年6月号

特集/酒場をめぐる冒険

ときめきのプリン&愛しのシュークリーム(5)「定番シュークリーム&個性派シュークリーム~菓子の家、六花亭西三条店」

バニラビーンズが香る〈スペシャルバニーユ〉357円。生地に道産牛乳を使用し、しっかり火を入れることで皮のうま味を最大限に引き出す。自分へのご褒美スイーツとしてもいかが

おいしさいろいろ 定番シュークリーム&個性派シュークリーム
 昔ながらのレトロなシューや、味・食感を工夫した進化系シュー。好みのシュークリームを見つけよう!

飾らない正統派 定番シュー
隙間なくたっぷり!濃密カスタードに満足の重量感
菓子の家
 誕生日やお祝いごとにピッタリのホールケーキ、手土産用の焼き菓子ギフトなどどんなシーンにも応えてくれる菓子の家。

 「カスタードクリームはお菓子屋さんの顔になる」と代表の佐藤孝之さんがいうだけに、菓子に合わせて異なるカスタードを使い分けている。人気商品の〈スペシャルバニーユ〉用に作るカスタードは、鍋底にこびりつくまでゆっくり火を入れ、よく練ることで卵のコクを出す。1時間近くじっくり焼き上げた固めのシュー生地でクリームを優しく包み込む。

 菓子の家にはもう一つ〈シュークリーム〉120円も用意。お手頃価格なため、まとめ買いする客がいるほど。2種類購入して食べ比べるのもあり!

サブレ生地とアーモンドクリームを一緒に焼いた〈苺タルト(カット)〉594円。美しく盛ったフルーツの下には、自家製ジャムが隠れている

スタッフの若松優奈さん


帯広市西9条南11丁目2-1
Tel:0155・66・9035 
営:10時~19時 
休:火曜

季節やイベントに合わせたギフトも豊富。ショーケース内で輝くケーキを見ながら、どれにしようと迷う時間も楽しい




取材時は〈ティラミスシュー〉〈黒豆きなこシュー〉〈キャラメルナッツシュー〉〈レモンチーズシュー〉各250円を販売。定番の〈シュクレー〉220円(一番手前)は、おいしく味わうための賞味期限が何と3時間!


見た目や味にひと工夫アリ 個性派シュー
今日の気分はどの味?アイデアあふれる限定シュー 
六花亭 西三条店
 十勝で菓子店といえば、真っ先に名前が挙がるのが六花亭。おなじみの銘菓はもちろん、その店舗でしか味わえない限定品も話題を集める。西三条店のみで提供するのが、月替わりのシュークリーム。2021年に登場し、今では店の看板商品として定着している。

 サクサクしたシュー生地に「生カスター」を詰めた定番の〈シュクレー〉をはじめ、限定のシュークリームは4・5種類を用意。春にさくら、秋はマロンといった季節の味も楽しめる。しかもクリームに合わせてパイシューやクッキーシューなどと、生地を使い分けるこだわりよう。一つといわず、すべての味を試したくなる。

ガラス越しに作業風景を見ることができる。手際よくシュークリームを仕上げる様子にほれぼれしてしまう

右からスタッフの梶由美子さん、小林コニーさん。気持ちの良い笑顔で迎えてくれる


帯広市西3条南1丁目1-1
フリーダイヤル0120・12・6666(9時~18時)
営:9時~17時30分(喫茶室は11時~16時30分、LO30分前)
※季節によって変動あり 
休:なし

和洋の菓子を求めて、観光客だけでなく地元っ子も通う。シュークリームは2階の喫茶室でも味わえる


※フリーマガジン「Chai」2024年4月号より。
※撮影/辻博希。写真の無断転用は禁じます。