十勝毎日新聞電子版
Chaiでじ

2024年6月号

特集/酒場をめぐる冒険

トカチで推し活(4)「この人を推したい!十勝のスターが大集合 パフォーマー~YUKA&SATOMIさん」

ベリーダンサー YUKA&SATOMI (左)中井由佳さん・(右)三浦聡美さん
<Profile>
三浦さんは小学生の頃にジャズダンスを11年経験した後、2010年からベリーダンスへ。前衛書家としての顔も持ち、ダンスや書を通じた新しい表現・芸術活動に挑戦する。中井さんは幼少期から民族舞踊師範の祖母より指導を受ける。フィギュアスケート、ジャズダンスを経験し、ベリーダンスの道へ。現在は帯広や札幌を中心にレッスンを受け持つ

息ピッタリの踊りで観客を魅了
 時に激しく、時にゆったりとした曲調に合わせて踊るベリーダンス。世界最古の踊りともいわれ、その妖艶な動きときらびやかな衣装に目が奪われる。中でも、2人が専門とする部門「ファンベール」は、シルク布が付いた扇子を両手に持ち、華麗に演舞。空中に扇子を投げたり、回転するタイミングを合わせるなど、シンクロ率の高さが求められる。

 2人は幼少期、同じダンススタジオで出会い、十勝のベリーダンススタジオDesert Rose(デザートローズ)で再会。好きな演目や音の取り方、踊り方が似ていることから一緒に踊ることも多かったという。2022年ベリーダンスのコンペティションに新設された「ファンベール部門」に出場するためデュオを結成。東京と大阪二つの大会で初代女王に輝いた。

 お互いの存在をYUKAさんは「前まではかわいい妹的存在だったけど、今は心から信頼できるパートナー」。SATOMIさんは「憧れの存在で一緒に踊れるだけで光栄。1+1=2以上の作品が作れる」と笑顔を見せる。固い絆で結ばれた2人だからこそ作れる壮大な世界観が、見た人を魅了する。

 「ベリーダンスの技術を伝えつつ、物語があり、映画を見ているような作品を目指したい」。これからも踊りを通じて、内に秘めた熱い思いを表現していく。

推しPOINT!
驚きのシンクロ率!まるで動く芸術作品かのよう

ショーや祭りなどのイベント出演、オリジナル舞踊振付・出演、ワークショップの開催、教室の開講など幅広く活動する


推してね!YouTubeInstagram

<Info>
3月9日(土)には所属するベリーダンススタジオ「Desert Rose(デザート ローズ)」の発表会を開催(チケット完売)。また教室生徒も募集中。3人の講師陣が入門から上級まで対応する。YUKAクラスのみ5月末まで入会金無料キャンペーン実施中。問い合わせはbellydance.obihiro@gmail.comまで

※フリーマガジン「Chai」2024年3月号より。
※撮影/平栗玲香。写真の無断転用は禁じます。