十勝毎日新聞電子版
Chaiでじ

2024年6月号

特集/酒場をめぐる冒険

トカチで推し活(3)「この人を推したい!十勝のスターが大集合 パフォーマー~シミーズ」

漫才説法コンビ シミーズ (左)永田弘彰さん・(右)増山直樹さん
<Profile>
清水町の僧侶2人で活動する、漫才説法コンビ。幼い頃からお笑いが好きだった永田さんが、同じ町内の増山さんを誘い結成した。ネタ作りも永田さんが担当する。道内外のイベントに出演し、培った人脈を生かしてお笑いイベントを開催。清水町と寺のにぎわいに貢献する

ステージに行こう!圧倒のパフォーマー
お笑い、ダンス、大道芸など観客を魅了するさまざまな才能がそろいました


笑顔を届けるお坊さんコンビ
 2016年、清水町真浄寺の住職・永田さんと、同町寿光寺の住職・増山さんで結成した北海道漫才説法コンビ「シミーズ」。僧侶のコンビだけに、披露するのは「漫才説法」というから面白い。

 仏事や浄土真宗に関するネタの中には、一般常識としてためになる内容も。「漫才という手法を用いていますが、あくまでもお坊さんの説法。役立つ情報を一つでも持ち帰っていただければ」。二人の謙虚な姿勢に好感度は高まる一方だ。

 「笑いの力で寺ににぎわいを取り戻したい」と、地元の寺や行事を中心に活動。近年はSNSを通じ、道内外の舞台に立つ機会も増えてきた。そうした縁がきっかけとなり、昨年はプロのお笑い芸人が二人の寺でイベントを開催。かつてないほどの人が集まり、笑い声が響く中で「シミーズの活動を、自分たちだけの喜びで終わら笑顔を届けるお坊さんコンビせたくない。皆の喜びが自分たちのゴール」と、二人は達成感を噛みしめたそう。

 大活躍のシミーズだが、言うまでもなく本業は僧侶。急な法務で相方が不在になることを想定し、永田さんは漫談説法を、増山さんは落語を習得するなど、一人でできる演目も強化中だ。その努力は皆の笑顔のため。善意から生まれるネタの数々は、見る者の心をそっと温める。

推しPOINT!
ほのぼのとした温かな笑いが持ち味


推してね!


<Info>
5月12日(日) 14時~17時
「お坊さんだらけの漫才法話んグランプリ」
本願寺札幌別院(札幌市中央区北3条西19丁目2-1)
料:1,000円
※「お坊さん」芸人が全国各地から集い、シミーズも出演予定
当日はYouTubeでライブ中継もあり

※フリーマガジン「Chai」2024年3月号より。
※撮影/辻博希。写真の無断転用は禁じます。