2024年2月号

特集/オシャレ大好き

英国から十勝を想う…マリノみどりの徒然tweet@Devon(96)「ペット先進国のイギリス」

 動物愛護意識の高いイギリスでは、ペットも人間と同様の扱い。バスや電車にもペットと一緒に乗車できますし、オフィスにも犬が座っていたりします。私の働くサロンも2匹の犬がいつもお客さまを歓迎します。「犬を抱っこしながら髪を洗ってもらえるなんて最高だ」との声も多く、癒やし効果は抜群のようです。

 犬や猫には、誘拐や迷子にならないようマイクロチップの装着が義務付けられています。2018年にはペットショップにおいて6カ月未満の犬、猫の販売が禁止され、欲しい場合は認定されたブリーダーまたは動物保護施設から入手する必要があります。

 また、1822年に動物保護法制度がスタートして以来、イギリス国民は野生動物の保護や生存維持の運動にも非常に熱心です。私が特に驚いたのが、国民のハリネズミへの惜しみない愛情。2007年に減少の傾向があると報じられた際には「ハリネズミを守れ運動」が展開され、ボランティアグループも発足。国をあげてハリネズミの保護活動が広められました。私の友人宅では、1匹だったハリネズミがパートナーを迎え、今は7匹になったと喜んでいました。ちなみにハリネズミ達の大好物はスクランブルエッグ!なんだかほほ笑ましいですね。

英国から十勝を想う…マリノみどりの徒然tweet@Devon
幕別町出身、英国Devon在住のマリノ みどりさんが英国の日常や文化などを紹介するChaiの連載です。

※フリーマガジン「Chai」2023年6月号より。