十勝毎日新聞電子版
Chaiでじ

2024年6月号

特集/酒場をめぐる冒険

COCOCORO大西哲也のなまらおいしいひと工夫「最速すぎる『味玉』」

 かちまいをご覧の皆さま、こんにちは。クッキングエンターテイナーの大西哲也です。今日もよろしくお願いいたします。このコーナーはタイトルの通り、料理をおいしくする“ひと工夫”を分かりやすく解説します。「なぜそれをするのか」が理解できると、料理が簡単に・おいしく・楽しくなりますよ。

 味つけ玉子、略して「味玉」が好きな方は多いのではないでしょうか。ラーメン屋さんのメニューでは定番ですし、コンビニなどにも売っていますよね。自宅で作ったことがある人もいると思います。

 ゆで卵をめんみやジンギスカンのタレなんかに漬けておくだけでもおいしいですし、ひと工夫して薬味やスパイスも入れた「麻薬たまご」なんてネーミングのメニューが昨年インターネットではやったりもしました。なかなか危険な香りのするネーミングですが、今回紹介する方法はその上を行きます。

 味玉を作るときの懸念点は、時間がかかること、漬け汁がもったいないことです。その両方を解決する方法を編み出しました。それは、半熟卵の黄身部分に注射器で調味液を1~2ミリリットル注入することです。

 私自身驚いたのですが、白身に味がついていなくとも、黄身にしっかり味がついていれば、脳は味玉として認識します。

 調味液はお好みでよいのですが、私のおすすめは「トリュフソース」か「雲丹醤油(うにじょうゆ)」です。

 詳しくはYouTube「COCOCOROチャンネル」で解説していますので、こちらもぜひご覧ください。それでは、また会いましょう。したっけ!

YouTube「COCOCOROチャンネル

★今回の動画はこちら

<おおにし・てつや>
 1982年本別町生まれ。本別高、専門学校を卒業後、自動車整備士、旅行会社の添乗員などを経て、2016年3月に趣味の料理で旭川市にて起業。「0024(おおにし)クッキングスタジオ」として出張料理・ポップアップレストラン等の活動の後、2017年3月東京都調布市にて合同会社teamsupportと共同でダイニングバー「COCOCORO」を開店。著書に「COCOCORO大西哲也のドヤ飯」「COCOCORO大西哲也の神だれ無限レシピ」(大和書房)、「COCOCORO大西哲也のレンチン レベチ飯」(扶桑社)。

COCOCORO大西哲也のなまらおいしいひと工夫

 十勝毎日新聞をご覧の皆さま、はじめまして。クッキングエンターテイナーの大西哲也と申します。本別町出身で、今は東京で飲食店を経営しながらYouTubeで料理動画を配信したり、料理で人に喜んでもらうためにさまざまな活動をしております。これから時々このせいかつ掲示板で料理のお話をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

COCOCORO大西哲也のなまらおいしいひと工夫「『和牛』の定義とは」

COCOCORO大西哲也のなまらおいしいひと工夫「『ほんだし』を検証」

COCOCORO大西哲也のなまらおいしいひと工夫「ごぼうのアク抜き」

COCOCORO大西哲也のなまらおいしいひと工夫「アジの干物鍋」

COCOCORO大西哲也のなまらおいしいひと工夫「出汁で作るたこ焼き」

COCOCORO大西哲也のなまらおいしいひと工夫「油揚げの『油抜き』」