2024年2月号

特集/オシャレ大好き

おうちごはん塾(179)「カボチャグラタン」

甘みが凝縮!アレンジ自由自在
<材料>(3~4人分)

◆A
 カボチャ…………………………400g
 自然海塩………………………小さじ1弱
 水………………………………200cc
 酒…………………………………小さじ2
◆B
 ミックスキノコ(お好みで)…200g
 水………………………………400cc
 自然海塩……………………小さじ1.5
 酒…………………………………大さじ2
 昆布…………………………………5cm
◆C
 タマネギ…………………………100g
 菜種油……………………………大さじ4
 米粉…………………………………50g

◎事前に準備しておこう!
A カボチャを塩煮にする。小鍋に大きめに切ったカボチャ、水、塩、酒を入れて火にかける。フタをして中火で煮汁がなくなるまで煮切る。焦げ付きに注意する。
B 鍋に水、塩、酒、昆布を入れ、沸騰したらキノコを加える。2分ほど加熱し、火を通す。昆布を取り出す。
C 鍋に菜種油を入れて熱し、薄切りにしたタマネギ、米粉を加える。弱火で7分加熱する。

<作り方>
(1)CにBを加えてよく溶かす。再び火にかけて、とろみが出るまで加熱する。
(2)Aを好みの大きさにカットし、耐熱皿に並べ、(1)をかける。
(3)200℃に熱したオーブンで10分焼き、焦げ目をつける。

<ワンポイント>


Aの分量で塩煮にしたカボチャに、菜種油大さじ1~2、レーズンやナッツを入れて、カボチャサラダにアレンジも可能です。
 
<今回の先生> 
渡辺文子さん
2児の母。食の発信を柱にしたサロン「縁が和」を主宰している。サロンにて雑穀料理サークルも開催。


「カボチャの塩煮、キノコのクリームソースはどちらも単品でおいしく食べれます。キノコドリアなどさまざまな料理で活用してみてください」

おうちごはん塾
家庭でも簡単に作れるメニューを3人の先生が紹介する、Chaiの連載です。

※フリーマガジン「Chai」2023年11月号より。
※写真/スタジオイッセイ・高橋一生。写真の無断転用は禁じます。